お金を借りる方法

カードローンの審査に簡単に通過し、お金を借りる方法

審査に通るためのポイントを紹介

 

 

カードローンの審査に簡単に通過し、お金を借りる方法・そのためのポイントを紹介します。まず第一に「希望金額を押さえる」ということです。やや少なめの金額で申し込みする、ということです。審査の必要条件である年収、借入総額、職業、勤続年数などはもう変わらないわけですから、あとは希望金額を押さえるしかないのです。実に簡単なことですが。

 

 

カードローンの審査に、当日の印象は関係ない

 

 

私はあちこちで消費者金融を利用する方にアドバイスしていますが、そもそも、キャッシングの審査に当日の印象というのは関係ありません。就活や入試の面接とは違うのです。特にモビットなど、完全にWEBだけで完結する申込方法を売りとしている会社もあるくらいで、ほとんど収入などの基本データで決められてしまうのです。こういう業界で、当日自分がどんなに印象をよくしようが、あまり関係ありません。

 

 

必要書類は全部きっちり揃えておく

 

 

身分証明証など「送れ」と書かれている必要書類を送るのはもちろんですが、念のため送れと書かれていない書類(たとえば収入証明書)なども手元においておくといいでしょう。審査結果の連絡があって「追加の書類が必要」となった場合に、すぐに送れると審査にもプラスになる可能性があります。また、合格するにしても早い方が、即日融資に間に合うなど、いろいろなメリットがあります。その他印鑑など万が一にでも必要そうなものは揃えておくといいでしょう。

 

 

過去にブラックリストに載っている人はどうしたらいい?

 

 

消費者金融の世界にはブラックリストというものはないと言われています(業者側はそう発表しています)。しかし、現実には過去に返済を延滞したり、クレジットカードを強制解約になったりした人は、新しい審査にも通りにくくなる、という事実があります(もちろん、それでいいでしょう)。そのように返済能力に関して信頼を失っている方は、ある程度不利な審査になるのは仕方ありません。

 

 

フリーターやアルバイトの場合、限度額が小さくなる?

 

 

これは人によります。一口にアルバイトとかフリーターといっても、正社員より収入の多い方(たとえば水商売の方など)もいますし、勤続年数が長く、職場から必要とされているとわかる方もいます)。こういう方の場合、正社員の方や公務員の方などより、限度額が小さくなるということはありません。ただ、総額規制のルールは当然適用されると思っておきましょう。