お金を借りる方法

キャッシングでお金を借りる方法は、申し込みも簡単

簡単な申込方法の流れ

 

 

キャッシングでお金を借りる方法の、申し込みの流れを簡単に解説します。「WEBで審査を受ける」→「合否の連絡がくる」→「銀行が開いている時間なら、そのまま振り込まれる」→「閉まっている時間なら、カードを無人契約機で発行し、コンビニなどで借入する」という風です。

 

 

キャッシングの申込方法の種類

 

 

申込方法はいくつか種類があります。まず、冒頭に書いたようにWEBで申し込む方法。それから無人契約機。電話。郵送などです。また、直接店舗に来店して契約するという方法もあります。これらの方法のメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

無人契約機、来店による契約

 

 

これはどちらも「その場所まで足を運ぶ」というデメリットがあります。無人契約機の場合、マシンを使ったテレビ電話の遠隔操作でやるので、来店よりもやや手間がかかります。来店は手間はかかりませんが、当日待たされることもありますし、そもそも店舗が近くにない人が多いでしょう。さらに、自分の顔を見られる恥ずかしさ、というデメリットもあります。

 

 

郵送、電話による申し込みの場合

 

 

郵送はとにかく時間がかかるので、絶対NGといってもいいくらいです。即日融資にこだわらない方ならいいですが、即日融資は絶対できないですし、大体書類の往復で10日ほどかかると考えていいでしょう。電話はそのような時間がかかりませんが、電話がすぐにつながるとは限らないし、どの道必要書類(収入証明書や身分証明証など)をメールで送ることになるので、最初からWEBの審査を受けた方がいいです。

 

 

WEBの申し込み以外の方法は、はっきり言って必要ない

 

 

このように一つ一つのカードローンの申込方法を見てみると、もうこの金融業界では、WEBを使った申し込み以外の方法は必要ない、ということがわかるでしょう。WEBの時も審査の結果などは電話で知らされることもあるので、完全にWEBだけとは限りませんが、ほとんどWEBのみで完結する時代になっています。これはプロミスでもアコムでもモビットでも、大手のカードローン会社ならどこでもそうです。WEBというとパソコンかスマートフォン・携帯電話か迷うかも知れませんが、これらのいずれの方法でも大丈夫です。要はネットが接続できる端末であればいい、ということです。ただ、身分証明証を送ったり、個人情報をやりとりするわけなので、情報のセキュリティにはくれぐれも注意してください。カフェなどの無線LANでは、控えた方がいいでしょう。