お金を借りる方法

ブラックリストに載っている人は、カードローンの審査に通らない?

審査に通ることもあるが、通常よりは厳しくなる

 

 

ブラックリストというのもは、一応金融業界には存在しないことになっています。ただ、仮に存在すると過程して、あなたがそのブラックリストに入っていたとしましょう。この場合、カードローンの審査も厳しくなることが多いです。通る可能性もありますが、普通よりは落ちやすくなる、という覚悟はしておきましょう。

 

 

落ちた場合、やってはいけないこと

 

 

このようにしてキャッシングの審査に落ちてしまった方がよくやってしまう失敗は、たとえばクレジットカードのショッピング枠の現金化をする、などです。この方法は違法ですし、貸金業者に足元を見られたやり方なので、かなりの手数料を取られたりします。金利こそないものの、まるでヤミ金の高金利のように「ふざけている」と言いたくなるような手数料なので、絶対に払ってはいけません(これは私の体験談から言えることです)。

 

 

カードローンの審査は受け止めなければいけない

 

 

そもそも、カードローン会社はプロミスでもアコムでもどこでも、「できるだけ多くの人に」「できるだけ沢山の限度額で」貸したいと思っているのです。それが彼らの商売だからです。それが貸出しないということは、「この人は返済できない」と、お金のプロが判断したということです。あなたはお金のプロではないはずです。だから、プロの彼らの判断の方が正しいと、素直に従うしかないのです。これも私の経験から言えることです。

 

 

限度額についても、不満はもらすべきではない

 

 

限度額は必ずしも、貸金業法の総額規制通りに決まるわけではありません。総量規制のルールにのっとれば、年収の3分の1まで借りられるはずです。年収200万のフリーターの方、アルバイトの方でも、65万くらいは借りられるはずです。しかし、現実には、そんなに貸してもらえません。どのくらいになるかは、その人の年収、勤続年数、職業などによって決まりますが、3分の1より小さくなることもあります。これについても、お金のプロの判断なので、素直に従うようにしましょう。

 

 

どこからも借りられない場合、どうするか

 

 

多重債務に陥っていて、どこからももう融資を受けられないという人が、利息の支払いをどうすればいいのか、…となると正直わかりません。この場合はもう自己破産するのが一番かも知れません。自己破産は言葉はネガティブですが、実際にはその後の経済活動も特に制限されることはなく、実は大したことはないようです。選択肢の一つと考えていただいていいでしょう。