お金を借りる方法

簡単にお金を借りる方法は何があるの?

カードローンがおすすめ

簡単にお金を借りる方法としては、まず第一にカードローンがおすすめです。
審査に通りさえすれば、その日のうちに融資を受けることができますし、こういう即日融資が可能な方法の中では、カードローンはダントツで使いやすく借りられる限度額も大きいのが利点です。

 

クレジットカードのキャッシング枠は?

クレジットカードはただ買い物をするだけではなく、それを使って現金を借入することもできるという「キャッシング枠」というものがあります。
それを使ってお金を借りることもたしかにできるのですが、この場合は審査や手続きが、通常のカードローンよりやや面倒になることが多いです。
そうでなければ、買い物もできてキャッシングもできるクレジットカードだけが隆盛し、カードローンは完全にすたれるはずですが、現実にはプロミスやアコム、モビットなどのカードローンがずっと元気なままですよね。それはやはり、これらの会社から借りる方が便利だからです。

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化について

ショッピング枠の現金化というのは、本来買い物用でキャッシングには使えないショッピング枠という部分を、現金にする方法です。本当は違法なのですが、一部でまかり通っています。
簡単にいうと、このショッピング枠で、たとえば石ころを買います。その石ころを、その業者に現金で買い取ってもらえば、ショッピング枠を使って現金を入手することができるのです。
ただ、この方法は先にも書いた通り違法ですし、金利がものすごく高いです。こういう方法に手を出すのはかなりお金に困った人たちですから、業者も足元を見ているわけです。

 

銀行から受ける融資は?

これは低金利ですし、倒産などのリスクもなく一番安心なのですが、審査が非常に厳しいです。
しかも振り込まれる時期もかなり後です。なので、急ぎでお金が必要という時にはまったく使えません。これは候補から外しておいた方がいいでしょう。

 

生命保険の契約者貸付は?

生命保険の多くは契約者貸付という制度を持っていて、一定の金額の範囲内で、利用者に対して貸付をしてくれます。
ただ、これは用途がある程度限定されていたり、金額が少額だったりします。
また、融資に時間がかかる場合も多いです。なので、これも急なピンチをしのぐという場面ではあまり使えません。
というわけで、今すぐにお金がいるというピンチの場合は、一番使えるのはやはりカードローンでしょう。

 

簡単な申込み方法

WEBだけ、電話だけで申し込み可能

キャッシングは、お金を借りる申込み方法も簡単です。WEBだけでも、電話だけでも、どちらでも好きな方法で借りることができます。
WEBというのは、もちろんパソコンでも、スマートフォン・携帯でもどちらでもOKです。
たとえば必要書類を郵送したり、あるいは送られてくるのを待ったり、職場や家に在籍確認の電話をかけられる、ということもありません。完全にWEBのみで完結します。

 

提出が必要な書類や準備すべきものは?

これは収入証明書や身分証明証です。特に免許証やパスポートなどの身分証明証は必須です。
収入証明書については、プロミスやアコムなどの大手は大抵「○○万円未満なら、収入証明書不要」というルールになっています。金額も100万円など多いので、大抵の方は収入証明書なしでいけるでしょう。

 

個人事業主や自営業、フリーランスは必要

ただし、大抵のカードローン会社は、フリーランスや個人事業主、自営業の方には収入証明書を要求することが多いです。これらの職業はやはり不安定なので、審査でも厳し目になるのです。
サラリーマンや公務員のように審査がゆるくはならないのは、これらの仕事を選んだからなら、最初から覚悟の上でしょう。

 

用意する書類は確定申告や納税証明書でOK

これらのフリーランスな職業の場合、用意する収入証明書は確定申告の書類や、納税証明書でOKです。
それぞれのクライアントから送られてきた源泉徴収票などではダメです。これらを全部まとめないとその人の年収はわからないですし、カードローン会社がそれをやるというのは当然無理です。
「自分で先にまとめてこい」という話ですね。なので、それがまとまった書類というと、どうしても確定申告などの書類になるのです。

 

一般的な収入、職業、希望金額であれば大丈夫

大抵の場合、普通のレベルの稼ぎがあり、職業がある程度安定していて、希望金額が普通の範囲内で、現時点の借入総額がそれほどなければ、それで審査はあっさり通ります。
午前中に申し込みしていれば、どの銀行口座に振り込む場合でも、即日融資でOKでしょう。午後になったとしても、カードを無人契約機で発行して、そのままコンビニで引き出すという形にすれば、大体夜の9時くらいまで大丈夫です。
というように、お金を借りる方法の中でもキャッシングの場合、審査を難しく考える必要はまったくありません。ブラックリストなどに載っていない限り、特に問題はないと言えるでしょう。